クッキーポリシーについて

当社は、当社のプライバシーポリシーおよびクッキーポリシーに規定するとおり、お客様個々のニーズに合わせてウェブサイトをカスタマイズしたり、ウェブサイトの内容やご提供するサービスをお客様がよりご満足いただけるよう改良したりするため、お客様のクッキー情報を用います。また当社は、お客様が当Webサイトにてご登録された個人情報を当Webサイトの閲覧履歴と関連づけて、使用することがあります。

プライバシーポリシーおよび
クッキーポリシーを見る

閉じる

Cookie Policy

This Cookie Policy is part of the Toshiba Memory Corporation ("Toshiba") Privacy Policy. As provided therein, Toshiba will use cookies to customize or personalize its Web sites in order to better meet your individual expectations or requirements, and to improve the contents of Web sites or the types of services that are to be provided. Additionally, we will associate your cookies with the personal data which we hold for the same purpose as provided above.

Find out more

Close

無線LAN搭載 FlashAir
SDHC Class10メモリカード
(SD-WEシリーズ<W-03>)
動作確認機器一覧

2019.1.18現在

無線LANの電波環境によっては動作確認機器一覧の内容と異なる場合があります。
磁気、電磁波や複数の無線LANアクセスポイントの影響を受けると、通信ができなくなることがあります。

  1. 本ページでご紹介しているFlashAir SDHCメモリカード動作確認機器一覧は、更新日時点のデータを記載しております。
  2. 本製品は長期間使用するうちに書き込みや読み出し、消去ができなくなることがあります。
  3. 当社は、当社FlashAir SDHCメモリカードがエラーを起こさないことや、保存されたいかなるデータに対するアクセス能力やデータの破壊や消失に関しても一切保証致しません。
    ご使用に際しては、必ず本製品のデータのバックアップを作成してください。
  4. 当社は、当社FlashAir SDHCメモリカードが当社SDメモリカードに類する記憶メディアを使用するすべての装置と互換性があることを保証致しません。
  5. 本ページでご紹介しているFlashAir SDHCメモリカード動作確認機器一覧は、基本機能についてのみ動作確認したものであり、すべての機能につき動作確認したものではありません。
    また、当社がお客様に動作の保証をするものでもありません。
    FlashAir SDHCメモリカード動作確認機器一覧を提供するにあたり、当社及びその関係会社は、当社FlashAir SDHCメモリカード製品の品質、性能、非侵害、商品性および特定目的の適合性を含めて、明示的であれ、黙示的であれ、当社FlashAir SDHCメモリカード製品の保証範囲を超えたいかなる保証も致しません。(無線LAN通信の手動による起動と停止機能については、動作確認をしておりません。)
  6. 本ページでご紹介しているFlashAir SDHCメモリカード動作確認機器一覧に記載されている製品名は、日本向けに販売されているものです。海外向けに販売されている製品(以下、海外モデル)につきましては、機器名に注釈(**)をつけております。
  7. FlashAir SDHCメモリカードに関わる更新が含まれる場合があるため、ご使用になる機器のソフトウェアを更新する必要があるかチェックし、必要な場合は最新ソフトウェアに更新されることをお勧め致します。
  8. 本ページでご紹介している製品の表示は搭載されているフラッシュメモリに基づいており、実際にご使用頂けるメモリ容量ではありません。メモリ容量の一部を管理領域として使用しているため、ご使用いただけるメモリ容量(ユーザ領域)は、32GB(約28.8GB) / 16GB(約14.4GB) / 8GB(約7.2GB)です。
    (メモリ容量は1GBを1,073,741,824バイトとして計算しています。)
  9. 無線LANでは、LANケーブルを使用する代わりに、電波を利用してパソコン等と無線アクセスポイント間で情報のやり取りを行うため、電波の届く範囲であれば自由にLAN接続が可能であるという利点があります。
    その反面、電波はある範囲内であれば障害物(壁等)を越えてすべての場所に届くため、セキュリティに関する設定を行っていない場合、通信内容(画像等)を盗み見られる/不正に侵入されるなどの問題が発生する可能性があります。
    ご使用前にセキュリティ設定を行った状態で、本製品をお使いください。
    なお、無線LANの仕様上、特殊な方法によりセキュリティ設定が破られることもあり得ますので、ご理解の上、ご使用ください。
  10. 本製品の無線LAN対応地域については、こちらをご覧ください。
Get ADOBE READER
PDF形式のファイルを閲覧するには、Adobe® Reader®が必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから