クッキーポリシーについて

当社は、当社のプライバシーポリシーおよびクッキーポリシーに規定するとおり、お客様個々のニーズに合わせてウェブサイトをカスタマイズしたり、ウェブサイトの内容やご提供するサービスをお客様がよりご満足いただけるよう改良したりするため、お客様のクッキー情報を用います。また当社は、お客様が当Webサイトにてご登録された個人情報を当Webサイトの閲覧履歴と関連づけて、使用することがあります。

プライバシーポリシーおよび
クッキーポリシーを見る

閉じる

Cookie Policy

This Cookie Policy is part of the Toshiba Memory Corporation ("Toshiba") Privacy Policy. As provided therein, Toshiba will use cookies to customize or personalize its Web sites in order to better meet your individual expectations or requirements, and to improve the contents of Web sites or the types of services that are to be provided. Additionally, we will associate your cookies with the personal data which we hold for the same purpose as provided above.

Find out more

Close

SDメモリカードの違い

SDメモリカードにはサイズ・容量・スピードの違いで、さまざまなバリエーションがあります。

サイズ

SDHC/SDXCメモリカード

SDHC/SDXCメモリカード

おもにデジタルカメラ、
デジタルビデオカメラで使用
microSDHC/microSDXCメモリカード

microSDHC/microSDXC
メモリカード

おもにスマートフォン、
タブレットで使用

容量

SDメモリカードは容量の大きさによって種類が異なり、SD・SDHC・SDXCメモリカードの3種類に分かれています。

SD・SDHC・SDXCメモリカード

メモリカードの種類と使用できる対応機器の組み合わせ

SDメモリカードの種類によって、機器が対応していない(カードが使用できない)場合があります。ご購入前に、以下の「使用できる対応機器」をご確認ください。

メモリカードの種類 使用できる対応機器
SDXCメモリカード SDXC対応機器
SDHCメモリカード SDXC対応機器、SDHC対応機器
SDメモリカード SDXC対応機器、SDHC対応機器、SD対応機器
  • カード容量およびカード種別に対応した機器でご使用ください。
    詳しくは、機器の取扱説明書をご確認いただくか、機器メーカーにお問い合わせください。

スピードクラス

SDメモリカードには「SDスピードクラス」と「UHSスピードクラス」と「ビデオスピードクラス」があります。いずれも、動画撮影のように一定の速度でカードに書き込む際に必要な最低転送速度を、わかりやすくマークで表した規格のことです。このマークには最低転送速度が数字で示されており、数字が大きいほど転送速度が速くなります。ご使用の機器のスピードクラスを確認した上で、そのスピードクラスに対応したカードを選ばれるとよいでしょう。スピードクラスの表記以外にも、カードに記載されている最大転送速度の数字もカード選びの参考になります。

  • ※1UHS-II インターフェース・スピードモードHD312対応機器での最大転送速度。
  • ※2UHS-I インターフェース対応機器での最大転送速度。
  • ※3同じフォーマットの中でも使用する機器により必要なスピードは異なります。

SDスピードクラス

最低保証速度2MB/秒の「SDスピードクラス CLASS 2」から最低保証速度10MB/秒の「SDスピードクラス CLASS 10」まで4段階のクラスがあり、ご使用の機器によって必要とされる転送速度が異なります。例えば「SDスピードクラス CLASS 10」は、フルHD動画撮影にも適しています。

class22
読み書き時のデータ転送速度が最低 2MB/秒
class44
読み書き時のデータ転送速度が最低 4MB/秒
class66
読み書き時のデータ転送速度が最低 6MB/秒
class1010
読み書き時のデータ転送速度が最低 10MB/秒

UHSスピードクラス

UHS(Ultra High Speed)はSDHCメモリカード / SDXCメモリカードで利用できるUHSインターフェースのことであり、対応機器で使用すれば高速のパフォーマンスが得られます。UHS-I と UHS-II の2種類があり、理論値ではUHS-I で最大 104MB/秒、UHS-II で最大 312MB/秒のデータ転送が規格化されています。最低限の書き込み速度を保証するUHSスピードクラスには、最低保証速度10MB/秒の「UHSスピードクラス1」と最低保証速度30MB/秒の「UHSスピードクラス3」があります。カードとご使用の機器の両方が、UHSスピードクラスに対応している場合に利用できますが、どちらかが対応していない場合には、SDスピードクラスが適応されます。

UHS Speed Class1
1
UHSインターフェース対応機器で使用したとき
読み書き時のデータ転送速度が最低
10MB/秒
UHS Speed Class3
(フルHD・4K動画撮影対応)
3
UHSインターフェース対応機器で使用したとき
読み書き時のデータ転送速度が最低
30MB/秒
  • 転送速度はSDアソシエーションで規定された条件下で測定した結果を基準としています。
  • 読み出し、書き込み速度は使用する機器、ファイルサイズ等の条件によって異なります。
    書き込み速度は1MB/秒を1,000,000バイト/秒としています。

ビデオスピードクラス

ビデオスピードクラス(V6 / V10 / V30 / V60 / V90)は、高品質化する映像技術やNAND技術に対応できるよう考慮されたスピードクラスです。一定した書き込み速度が求められるビデオなどのストリーミングコンテンツでは、フラッシュメモリーの書き込み速度にばらつきがあると動画の録画に支障が出てきますが、ビデオスピードクラスでは、最低限の書込み能力を設定することで、ビデオ録画に必要な一定の速度を実現します。

8K UHD 4K UHD HD/FHD

マークの見方(EXCERIA PRO SDXCメモリカード 256GBの場合)

JHS-Ⅱに対応した機器で最大転送速度読み出し260MB/sの性能が出ることを示す。UHS-Ⅱインターフェースに対応していることを示す。UHSスピードクラス3 UHS-Ⅱインターフェースでのスピードクラス3(最低転送速度30MB/s以上)であることを示す

SD / microSDメモリカードの選び方

利用シーン 動画の種類とスピートクラス 転送速度表記※3の違い
  • SD
  • 高級デジタル
    一眼カメラ
  • 4K/8Kデジタル
    ビデオカメラ
  • 高速連写
  • フルHD~4K/8Kの動画撮影
  • SDメモリカード内の大量・大容量のデータをPCへ高速バックアップ
8K動画撮影には V90 ビデオスピードクラス90
4K動画撮影には UHS3 UHSスピードクラス3
フルHD動画撮影には UHS1 UHSスピードクラス1 CLASS10 SDスピードクラス10
読み出し/書き込み
速度を記載
例:
MAX Read SPEED(読み出し)
260MB/s MAX Write SPEED(書き込み) 240MB/s
  • microSD
  • スマートフォン
  • 高速連写
  • フルHD~4K/8Kの動画撮影
  • 大量・大容量のデータをmicroSDへ高速バックアップ
  • microSD内の画像サムネイルを高速表示
  • SD
  • デジタル
    一眼カメラ
  • コンパクト
    デジタルカメラ
  • デジタル
    ビデオカメラ
  • 大量の写真撮影
  • フルHD動画撮影
  • SDメモリカード内の大量、大容量のデータをPCへ高速バックアップ
フルHD動画撮影には UHS1 UHSスピードクラス1 CLASS10 SDスピードクラス10 読み出し速度
のみ記載
例:
MAX Read SPEED(読み出し)
48MB/s
  • microSD
  • スマートフォン
  • 大量の写真撮影
  • フルHDビデオ撮影
  • microSDメモリカード内の大量・大容量のデータをPCへ高速バックアップ
  • microSDメモリカード内の画像サムネイルを高速表示
  • SD
  • コンパクト
    デジタルカメラ
  • 写真撮影
HD動画撮影には CLASS4 SDスピードクラス4 記載無し
  • microSD
  • スマートフォン
  • 写真撮影
  • アドレス帳などのデータをバックアップ
  • ※3当社の試験環境で特定の条件により得られた最良の値であり、ご使用機器での速度を保証するものではありません。
    読み出し/書き込み速度は使用する機器等の条件により異なります。また、書き込み速度は読み出し速度より遅くなります。

高度な著作権保護機能

東芝のSDメモリカードには、4C(東芝、松下、IBM、インテル)によって開発されたCPRM(Content Protection for Recordable Media)技術を採用。高度な著作権保護機能を実現しています。

多彩な用途

SDメモリカードは、携帯電話、ビデオカメラ、カーナビ、音楽プレイヤー、テレビ、DVD、ボイスレコーダーなど多彩な機器に対応しています。とりあえずSDメモリカードに保存して後でゆっくり楽しむなど、アイデア次第で便利なデジタルライフが送れます。

様々な機器のフォーマット形式に対応

SDメモリカードはご利用用途に合わせて、数種のフォーマット規格があります。(音楽に適したもの、静止画や動画に適したものなど。)そのため、フォーマットを行う場合には、SDメモリカードをご使用になる機器で行ってください。

  • 特殊機能をもつ製品では、フォーマットでその機能が失われることがありますので、詳しくは取扱説明書をご確認ください。

ロック機能

SDメモリカード / アダプタにはロック機能が付いています。大事なデータを保存した場合には、ロック機能を使えば間違えて上書きや消去するのを防ぐことが出来ます。
(miniSDメモリカード、microSDメモリカードを除く)

ロック機能